秋田市で新たに男女5人感染、4人は飲食店クラスター関連

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市は27日、新たに市内の20~80代の男女計5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち4人は同市大町のキャバクラ「NewClub ACE(ニュークラブエース)」に絡むクラスター(感染者集団)の関連。県内で感染が確認されたのは再陽性を除き累計88人となった。

 市によると、クラスター関連で感染が確認されたのは▽同店利用客の40代会社員男性と40代無職男性▽同店従業員の家族の30代パート女性▽同店従業員の知人男性=25日に感染確認=の知人の20代パート女性―の4人。いずれも27日にPCR検査を行い、陽性と判明した。3人は軽症、1人は無症状。

 同店に絡むクラスターで感染が確認されたのは計11人となった。県と市はこの他にもクラスターに関連する濃厚接触者などのPCR検査を行い、いずれも陰性だった。

 クラスターとは別に、80代男性の感染も確認された。男性は20日から発熱があり、26日に医療機関を受診。ランプ法検査で陽性と判明した。基礎疾患があり入院した。家族2人にPCR検査を行い陰性だった。男性は家業を手伝っていて、仕事の関係者の検査を28日以降に実施する。

秋田の最新ニュース