発電事業者の公募開始、本県沖洋上風力促進区域

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 経済産業省と国土交通省は27日、洋上風力発電の整備促進区域に指定した秋田県沖と千葉県沖の4区域について発電事業者の公募を始めた。来年5月27日まで受け付け、事業計画の実現性などを審査して来年10~11月ごろに事業者を選び、それから数年内の運転開始を目指す。

 4区域は「能代市・三種町および男鹿市沖」、「由利本荘市沖」の北側と南側、「千葉県銚子市沖」。秋田県沖の3区域に出力1万キロワット規模の風車を建設する場合、3市町沖は40基程度、由利本荘市沖は南北合わせて70基程度になる見込み。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 680 文字 / 残り 437 文字)

秋田の最新ニュース