低価格のPCR検査装置を開発 島津製作所、中小医療機関向け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
島津製作所が販売を始めた低価格のPCR検査装置=27日午前、京都市
島津製作所が販売を始めた低価格のPCR検査装置=27日午前、京都市

 島津製作所は27日、新型コロナウイルス感染の有無を調べる、低価格で全自動のPCR検査装置を開発し、販売を始めたと発表した。中小規模の医療機関や検疫所でも導入しやすくすることで、検査体制の拡充につなげる。希望販売価格は209万円で年3千台の販売を目指す。

 島津によると他社の類似製品は安くても400万円程度するが、既存製品の部品を転用するなどして安く抑えた。装置は幅30センチ、奥行き65センチ、高さ66センチで、限られたスペースでも配置できる。検体の前処理から測定までが自動化され、安定したデータが取得できるという。