ニュースの「つぼ」:県が目指す自転車安全利用条例

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県自転車条例の主な検討内容
県自転車条例の主な検討内容

 県は自転車の安全利用を県民に求める条例の制定を目指している。交通マナーの啓発強化に加え、利用者が人身事故を起こした場合に備え、被害者救済のため任意の損害賠償責任保険への加入を促すのが柱。背景には環境負荷の少ない自転車を安全に利用してもらい、健康増進に役立ててほしいという狙いもある。

 有識者らによる条例検討会(座長=浜岡秀勝・秋田大理工学部教授)が先月発足。県は2021年6月県議会への条例案提出、22年4月の施行を目標としている。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1049 文字 / 残り 832 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース