防雪柵設置、急ピッチ 大館市比内町

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
急ピッチで進められている防雪柵の設置作業
急ピッチで進められている防雪柵の設置作業

 本格的な降雪期を控え、県北秋田地域振興局(秋田県北秋田市)は管内の道路脇に急ピッチで防雪柵を設置している。

 防雪柵は吹雪による視界不良を緩和し、自動車の安全運転などを確保する設備。

 27日は大館市比内町八木橋の国道285号沿いで、作業員が折り畳まれた状態の防雪板をウインチで高さ約3・5メートルまで引き上げ、手際よく固定した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 242 文字 / 残り 78 文字)

同じジャンルのニュース