コロナ下の働き方改革(下)ワーケーション 「秋田らしさ」提供必要

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市大町の市民俗芸能伝承館「ねぶり流し館」で竿燈を手にするアドテックシステムの社員(県提供)
秋田市大町の市民俗芸能伝承館「ねぶり流し館」で竿燈を手にするアドテックシステムの社員(県提供)

 「まずは地域の良さを知る関係人口を増やすことだ」。情報通信技術(ICT)を活用し柔軟な働き方の普及を目指す日本テレワーク協会(東京)の村田瑞枝事務局長は、リモートワークを移住につなげるための課題を挙げる。

 こうした見方がある中、県は旅先で仕事をするワーケーションに注目。お試し的に一定期間滞在し、その地で生活する魅力や仕事環境を知ってもらいたいと考えている。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1043 文字 / 残り 863 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース