全日空の客室乗務員、地方居住も 減便長期化で来年4月から容認

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
羽田空港に駐機する全日空機=10月
羽田空港に駐機する全日空機=10月

 全日本空輸が、客室乗務員の勤務日数や給与を減らす代わりに地方居住を認め、主に現地の空港から中核拠点の羽田や成田などに通える仕組みを、来年4月から時限的に導入すると労働組合に提案したことが28日、分かった。新型コロナウイルスの流行で国際線を中心に減便が相次ぐ中、リストラをせずに人件費の圧縮を進め、需要回復時の人員を確保する。

 全日空に約8千人いる客室乗務員の大半は現在、発着便数が多い羽田、成田両空港の近辺に社の規則で住んでいる。新制度では、出身地で副業に就いたり、配偶者の転勤に同行したりしやすくすることなどを想定。通勤はグループ内便への搭乗などを検討する。