3Pで打開、雪辱を果たす 秋田銀、皇后杯バスケ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 「絶対に勝たなければいけない相手だった」。ガード高橋芙由子主将が言い切った。昨年の皇后杯では5点差で苦杯を喫した新潟に雪辱を果たし、2年ぶりの「Wリーグ超え」で2回戦に駒を進めた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 544 文字 / 残り 453 文字)

秋田の最新ニュース