動物さん、また会おうね 大森山動物園で「さよなら感謝祭」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多くの人が集まったレッサーパンダの「まんまタイム」
多くの人が集まったレッサーパンダの「まんまタイム」

 秋田市のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)で29日、「さよなら感謝祭2020」が開かれた。家族連れなどが訪れ、恒例の「まんまタイム」などを楽しんだほか、この1年間に死んだ動物への献花も行った。同園は30日に今年の通常営業を終える。

 飼育員が動物に餌をあげながら解説する「まんまタイム」は相変わらずの人気で、レッサーパンダやフラミンゴなどのコーナーに多くの人が集まった。子どもたちは、レッサーパンダがリンゴを持った飼育員にしがみついたり、後を追ったりして餌をねだる様子に「かわいい」と笑顔を見せていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 759 文字 / 残り 507 文字)

秋田の最新ニュース