富士通に真っ向勝負も完敗 秋田銀、もう一つ上のレベルへ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 日本代表選手を擁し、国内女子最高峰Wリーグで常に上位争いを演じている富士通に真っ向勝負を挑んだ。結果は完敗だった秋田銀行だが、小滝道仁ヘッドコーチは「選手が逃げずに戦ってくれた。もう一つ、自分たちがステップアップするのに必要な試合だった」と語った。

【女子2回戦・富士通―秋田銀行】第1クオーター、秋田銀行の髙橋がドライブで切り込む=トッケイセキュリティ平塚総合体育館


 立ち上がりは、髙橋芙由子主将と渡邊好美の両ガードがドライブで揺さぶり、フォワード伊藤美和子のミドルシュートで先制。直後の守備で圧力を強め、相手をタフショットに追い込んだ。その後は相手ディフェンスのプレッシャーに屈してターンオーバーを犯し、速攻、3点シュート(3P)を続けて決められた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 593 文字 / 残り 325 文字)

秋田の最新ニュース