男鹿を西洋ワサビの産地に 農業法人、新たな特産品目指す

会員向け記事
お気に入りに登録

収穫され山積みとなった西洋ワサビ

 秋田県男鹿市の農業法人「新日本ハーベスト」(武藤聖英社長)が、県内では珍しい西洋ワサビの栽培に取り組んでいる。取引先の加工わさびメーカーに出荷し、将来的には男鹿産ワサビを使ったオリジナル商品の開発を目指す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 659 文字 / 残り 555 文字)

秋田の最新ニュース