医療的ケア必要な子ども、どう守る 災害時の対応や備え学ぶ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ズームを通じて土畠医師の話に耳を傾けた講演会
ズームを通じて土畠医師の話に耳を傾けた講演会

 日常的に医療的ケアが欠かせない「医療的ケア児」への災害対策について学ぶオンライン講演会が29日、家族や医療従事者を対象に開かれた。被災経験のある医療法人稲生会(札幌市)理事長の土畠智幸医師(43)が、災害へ備える大切さを語った。

 秋田県と県立医療療育センター(秋田市)の主催。講演会はウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って行い、札幌市にいる土畠医師の話を県内外の約130人が自宅などから聞いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 640 文字 / 残り 437 文字)

秋田の最新ニュース