サキホコレ「甘みある」「おいしい」 提供キャンペーン好評

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市大町の平沢商店でサンプル米を受け取る来店客(中央)=11月28日
秋田市大町の平沢商店でサンプル米を受け取る来店客(中央)=11月28日

 2022年度に市場デビューする秋田県新品種米「サキホコレ」の提供キャンペーンが、県内外の宿泊施設などで行われている。食べた人からは「甘みがある」「おいしい」といった声が上がっており、反応は上々だ。

 キャンペーンは11月28日に始まった。県内ではホテルや旅館など22施設が食事でサキホコレのご飯を提供するほか、米穀店やスーパーなど51施設がコメの購入者らにサキホコレのサンプル米(2合入り)をプレゼント。首都圏など県外でも実施している。

 秋田市中通の秋田キャッスルホテルは、ダイニングレストラン「ザ・キャッスル」の朝食バイキングでサキホコレのご飯を提供。レストランの担当者は「とても好評。釜の中のご飯があっという間になくなる」と話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 621 文字 / 残り 304 文字)

秋田の最新ニュース