朝日新聞、9年ぶり赤字 中間決算、渡辺社長は退任意向

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
朝日新聞東京本社=2015年3月
朝日新聞東京本社=2015年3月

 朝日新聞社が30日発表した2020年9月中間連結決算は純損益が419億円の赤字だった。同社ウェブサイトによると新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたほか、繰り延べ税金資産を取り崩したためで、中間決算としては9年ぶりの赤字となった。渡辺雅隆社長は経営責任を取り、来年4月に退任する意向という。

 本業のもうけを示す営業損益は92億円の赤字、売上高は前年同期比22・5%減の1390億円だった。