男鹿市商品券、未使用分2億円 「年内期限」周知徹底へ

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県男鹿市は11月30日、12月定例会を開会。会期は16日まで。

 菅原広二市長は新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策の状況を報告。20%のプレミアム付き商品券については総額7億2千万円分が完売したが、10月末時点で約2億円が使われていないとし「年内の期限までに使用していただけるよう市民に周知していく」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 254 文字 / 残り 93 文字)

秋田の最新ニュース