なまはげ柴灯まつり申し込み開始 2月開催、各日千人限定

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
前回の柴灯まつりで、たいまつを掲げて真山を下りるナマハゲ=2020年2月7日
前回の柴灯まつりで、たいまつを掲げて真山を下りるナマハゲ=2020年2月7日

 来年2月12~14日に秋田県男鹿市北浦の真山神社で開催される「第58回なまはげ柴灯(せど)まつり」に向け、入場希望者の申し込み受け付けが1日午前9時から始まる。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各日とも入場は先着千人までに限定される。

 柴灯まつりは真山神社の神事「柴灯祭」と、民俗行事「ナマハゲ」を組み合わせた観光行事。今年は一部行事を中止、変更し、合計1時間半に短縮して開催するほか、来場者把握のため事前申込制とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 514 文字 / 残り 301 文字)