由利本荘市議会でタブレット端末導入 県内8例目

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
タブレット端末で議案を確認する議員
タブレット端末で議案を確認する議員

 秋田県の由利本荘市議会(定数26)は今定例会から、タブレット端末「iPad(アイパッド)」を導入した。議員のほか、長谷部誠市長や幹部職員らに貸与し、資料の閲覧や情報共有に利用する。今定例会は紙の資料も用意しているが、来年の3月定例会からはペーパーレス化する予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 485 文字 / 残り 353 文字)