祖父は金沢城主、弘前藩始祖の資料展示 横手市で6日まで

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
弘前藩の始祖とされる大浦光信の関連資料約200点が並ぶ出張展示会
弘前藩の始祖とされる大浦光信の関連資料約200点が並ぶ出張展示会

 弘前藩(津軽藩)の始祖とされる大浦光信が居城とした種里城跡(青森県鰺ケ沢町)の発掘資料などを展示する「光信公の館」出張展示会が、秋田県横手市金沢の金沢孔城館で開かれている。光信の祖父は金沢城(横手市)の城主。光信が1491年に鰺ケ沢に築城し、4代後の津軽為信が弘前藩の初代藩主となった。展示会は6日まで。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 659 文字 / 残り 506 文字)

秋田の最新ニュース