三平の残照(5)貝沼 幻の青鮒、釣り人呼ぶ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「カルデラの青鮒」の舞台になった貝沼
「カルデラの青鮒」の舞台になった貝沼

 湯沢市皆瀬の貝沼は、釣りキチ三平の初期作品「カルデラの青鮒(あおぶな)」の舞台として知られる。

 青い魚体をした1メートル近いヘラブナが登場。誰も釣ったことがない幻の魚を目当てに、三平をはじめ多くの釣り人が貝沼を訪れるという筋立てだ。

 国道398号を宮城県に向かう途中、案内板に従って脇道に入り、車1台がやっと通れる道を5分ほど進むと、木々に囲まれた貝沼に突き当たる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 745 文字 / 残り 561 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース