着物リメーク衣装で表現 ダンサーと市民グループがコラボ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市を拠点に活動するダンサー・渡部悠さん(29)と、着物をリメークして洋服などを製作している同市のグループ「和~夢」(わ~む)によるコラボレーション公演「日日是踊日(にちにちこれおどるひ)」が11月21、22の両日、同市大町のココラボラトリーで開かれた。渡部さんは「私にとって踊ることは何よりの好日。どんな状況であっても踊っていたこれまでの日々を凝縮したステージになったと思う」と語る。

 公演は渡部さんのソロパフォーマンスで構成され、「和~夢」が衣装を提供した。会場では手指消毒やマスク着用などの感染防止策が取られ、初日は事前申し込みをした21人が訪れた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1135 文字 / 残り 855 文字)

同じジャンルのニュース