鹿角市の業者、建設業法に違反で営業停止処分

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県鹿角市発注の市庁舎外壁改修工事で建設業法違反があったとして、県は鹿角市の柳沢建設を2日から7日間の営業停止処分とした。併せて、11月21日から4カ月、県発注工事の指名停止処分とした。処分は11月20日付。

 県建設政策課によると、柳沢建設は昨年、市庁舎外壁改修工事で、鹿角市の石川組と下請け契約を結んだにも関わらず、その契約を記載していない施工体制台帳を作成。写しを市に提出した。柳沢建設は工事に実質的に関与せず、石川組にほとんどを一括して請け負わせていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 438 文字 / 残り 206 文字)