ハピネッツ、限定ユニ公開 黒基調、「FANSデー」で着用

会員向け記事
お気に入りに登録

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)秋田ノーザンハピネッツの限定ユニホーム「FANSユニホーム」が1日、JR秋田駅前の秋田ノーザンゲートスクエアでお披露目された。黒を基調とした斬新なデザインで、ホームでの12日の島根戦と3月7日の滋賀戦で選手が着用する予定。

 限定ユニホームはファン向けのイベントを充実させたホーム戦「FANSデー」に合わせて毎年製作。今年はクラブで考案した3種類のデザインを公表し、ファンクラブ会員による人気投票でデザインを決めた。スポンサー企業である北秋田市の縫製会社「シード」が手掛けた。

 FANSユニホームはファンクラブ「クラブハピネッツ」のブラック会員、ふるさと会員、ゴールド会員の入会特典。受注販売も行っている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 571 文字 / 残り 248 文字)

同じジャンルのニュース