時代を語る・加藤正人(27)取材でリアルさ追求

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「孤高のメス」は中国の映画祭でも外国映画賞に選ばれた
「孤高のメス」は中国の映画祭でも外国映画賞に選ばれた

 脚本を書く際は舞台となる場所に行き、関係者に会って綿密に取材をします。そうすると必ずと言っていいほど発見があり、いい素材を得られます。

 平成22(2010)年公開の「孤高のメス」を書いた時もそうでした。これは寂れた地方病院を舞台に脳死肝移植に挑む医師たちを描いたドラマです。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 788 文字 / 残り 650 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース