戦禍の記憶:横浜の空襲 「ただ地獄。それだけ」

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 三種町鯉川の田中貞子さん(89)は10代のころ、激しい空襲に見舞われた横浜市に暮らしていた。焼夷(しょうい)弾が降り注ぐ中、必死に逃げ延びたと振り返る田中さん。75年余り前の体験を語ってもらった。

 ◇  ◇

米軍機に撃墜された日本軍機を見たと語る田中さん。手ぶりを交え、当時の光景を繰り返し説明した

 「おーい、食べるものあるぞ」。兄に呼ばれて家の外に出たら、大きなアオダイショウがいたの。今は食べないものも、何でも食べたのよ。

 おなかが減ると、へなへなって座り込んじゃって動けなくなるの。だから、サツマイモの茎やダイコンの葉も食べた。知らずにネコの肉を口にしたこともあります。小さく切り分けられていて、とても硬かったので食べないように箸でよけていたんだけどね。そのご飯を出してくれたお店でトイレに行きたくなってね。「裏にある」って店主が言うから行ってみたら、そこら中にネコの頭がごろごろ落ちていて。「あー見てはいけないもの見てしまった」と思ったけど、兄さんには言わなかった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1679 文字 / 残り 1287 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース