無形文化遺産の大日堂舞楽、コロナで規模縮小 舞を一部割愛

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今年1月2日に大日霊貴神社に奉納された大日堂舞楽
今年1月2日に大日霊貴神社に奉納された大日堂舞楽

 毎年1月2日に秋田県鹿角市八幡平の大日霊貴(おおひるめむち)神社に奉納される大日堂舞楽は来年、時間を短縮し参加人員を減らして開催する。遠方からの参拝を極力控えてもらい、一般客の写真撮影も禁止する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた対応。安倍良行宮司(70)が1日、明らかにした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 446 文字 / 残り 305 文字)

秋田の最新ニュース