指示通り動くかな? 仁賀保高生、児童にプログラミング伝授

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県にかほ市の平沢小学校で、仁賀保高校情報メディア科の2年生6人が5年生の児童47人にプログラミングを教え、ミニカーを思い通りに動かすためプログラムを組む方法をアドバイスした。

仁賀保高生の助言を受けてプログラミングに取り組む平沢小の児童


 両校の授業の一環で、26日行った。前面と右側面にセンサーの付いたミニカーをプログラムに基づいて動かし、厚紙の壁でできた迷路を抜ける課題。タブレット端末のアプリを使い、「前に壁を感知したら止まる」「右の壁を感知しなくなったら曲がる」などの指示を入力した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 445 文字 / 残り 228 文字)

同じジャンルのニュース