笹子事故から8年で遺族ら献花 山梨の中央道、9人死亡

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故から8年となり、慰霊碑の前に並べられた石川友梨さん(手前)ら犠牲者の遺影=2日午前、山梨県大月市
中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故から8年となり、慰霊碑の前に並べられた石川友梨さん(手前)ら犠牲者の遺影=2日午前、山梨県大月市

 2012年に9人が死亡、3人が重軽傷を負った中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板崩落事故は2日、発生から8年となった。事故が起きた午前8時すぎ、遺族らがトンネルの東京側に設置された慰霊碑に献花、黙とうした。

 現場から約8キロの初狩パーキングエリア内にある別の慰霊碑前で、中日本高速道路(名古屋市)が開いた追悼慰霊式には、遺族や同社役員ら約20人が出席。宮池克人社長は犠牲者の名前を読み上げ「事故後に入社した社員が3割になった。安全を最優先に、自律的に行動できる人材を育成する。改めて深くおわび申し上げる」と頭を下げた。