決勝はホンダ―NTT東日本 都市対抗野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
セガサミー―ホンダ タイブレークの延長10回表ホンダ2死、佐藤が決勝の満塁本塁打を放つ。捕手須田=東京ドーム
セガサミー―ホンダ タイブレークの延長10回表ホンダ2死、佐藤が決勝の満塁本塁打を放つ。捕手須田=東京ドーム

 都市対抗野球大会第11日は2日、東京ドームで準決勝が行われ、3日の決勝はホンダ(狭山市)―NTT東日本(東京都)の顔合わせとなった。ともに3度目の優勝が懸かり、ホンダは11年ぶり、NTT東日本は3年ぶりの制覇を目指す。

 九回に追い付いたホンダは延長タイブレークの十回に佐藤が満塁本塁打を放ち、セガサミー(東京都)を6―2で下した。NTT東日本は大竹が7回を2安打無失点。四回の枡沢の適時打による1点を守り、日本新薬(京都市)を1―0で振り切った。