コロナ禍乗り越え年間売り上げ5億突破、道の駅十文字直売所

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
年間売り上げが初めて5億円を突破したふれあい直売十文字
年間売り上げが初めて5億円を突破したふれあい直売十文字

 秋田県横手市の道の駅十文字内にある農産物直売所「ふれあい直売十文字」(鷹田芳子会長)の年間売り上げが、初めて5億円を突破した。新型コロナウイルスの影響で人の動きが鈍かった4、5月は苦戦したものの、自粛緩和をきっかけに6月以降は売り上げを伸ばし、今月1日に5億円を超えた。

 ふれあい直売十文字は、道の駅十文字の核店舗として2007年にオープン。野菜や果物、加工品の豊富な品ぞろえを売りに毎年売り上げを伸ばしてきた。道の駅を運営する十文字リーディングカンパニーに商品の販売を委託している。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 888 文字 / 残り 645 文字)

道の駅十文字を率いる小川健吉さん(元十文字町長)の「時代を語る」はこちら

同じジャンルのニュース