けがから復帰のハピネッツ古川、攻守で奮闘も「負けたら意味がない」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―新潟】第2クオーター、ボールを保持する相手をマークする秋田の古川=CNAアリーナ
【秋田―新潟】第2クオーター、ボールを保持する相手をマークする秋田の古川=CNAアリーナ

 けがで戦線離脱していた秋田ノーザンハピネッツのガード古川孝敏とセンターのカーターが2日、秋田市のCNAアリーナで行われた新潟線で復帰した。それぞれ攻守で活躍を見せたが、2度にわたる延長戦をものにできず表情には悔しさがにじんだ。古川はディフェンスに物足りなさがあったとし、接戦にも「やられたくないやられ方。負けたら意味がない」と厳しい表情だった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 630 文字 / 残り 457 文字)

同じジャンルのニュース