「かけるくん」ヘッドマークで矢口高雄さん追悼、秋田内陸線

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
矢口高雄さんを追悼するため秋田内陸線の列車に掲げられる「かけるくん」のヘッドマークのデザイン(秋田内陸縦貫鉄道提供)
矢口高雄さんを追悼するため秋田内陸線の列車に掲げられる「かけるくん」のヘッドマークのデザイン(秋田内陸縦貫鉄道提供)

 秋田内陸線の応援大使を務めていた秋田県横手市出身の漫画家矢口高雄さんが死去したことを受け、運行会社の秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)は4日から、矢口さんが手掛けたマタギのキャラクター「かけるくん」をあしらった追悼ヘッドマークを急行列車に掲げ運行する。来年1月7日まで。

 追悼ヘッドマークは直径80センチの円形。「ありがとうございました」と矢口さんへの感謝の言葉も添えている。「かけるくん」は旧阿仁町のイメージキャラクターとして制作され、現在は北秋田市がマタギ文化のシンボルとして観光に活用している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 462 文字 / 残り 214 文字)

同じジャンルのニュース