子どもが喜んでくれるかも…「鬼滅」柄マスク、眼科医手作り

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
工藤眼科医院の患者受付に並ぶ「鬼滅の刃」のキャラクターの衣装柄をイメージした立体マスク
工藤眼科医院の患者受付に並ぶ「鬼滅の刃」のキャラクターの衣装柄をイメージした立体マスク

 緑と黒の市松模様、ピンクの麻の葉模様―。能代市富町の工藤眼科医院の患者受付に、人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」のキャラクターの衣装柄をイメージした立体マスクが並んでいる。パッチワークなどの手芸が好きという工藤ゆかり院長(55)が手作りし、販売している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 330 文字 / 残り 199 文字)

同じジャンルのニュース