県内中小企業DI、コロナ禍で厳しい状況 持ち直しの動きも

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県商工会連合会が県内中小企業を対象に行った調査によると、7~9月期の景気動向指数(DI)は売上高DIがマイナス66・0、経常利益DIがマイナス50・7だった。新型コロナウイルスの流行が幅広い業種に影響し厳しい状況だったものの、4~6月の前期より持ち直しの動きが見られた。

 売上高DIは飲食業や宿泊業を含むサービス業が前期から27・3ポイント回復してマイナス56・0だった。国の「Go To トラベル」や県のプレミアム宿泊券・飲食券など需要喚起策の効果で回復の度合いが大きかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 755 文字 / 残り 513 文字)

秋田の最新ニュース