報酬60万円を不正受給 大館の訪問介護事業所

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は3日、訪問介護を行ったと偽って介護報酬約60万1千円を不正受給したとして、株式会社花(大館市長走)が運営する同市長倉の訪問介護事業所「花大館」に対し、指定居宅サービス事業者の指定を取り消す行政処分を行った。取り消し日は来年1月31日。

 県長寿社会課によると、情報提供を受けて7~9月に監査を実施。実際は訪問していないのにサービスを提供したことにしたケースや、同一の職員が同時間帯に複数利用者を訪問してサービスを提供したことにしたケースが判明した。不正受給は約230~240件。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 379 文字 / 残り 136 文字)

秋田の最新ニュース