退任表明の鈴木湯沢市長 「公約ほぼ着手できた」

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 3日の秋田県湯沢市議会で今期限りの退任を表明した鈴木俊夫市長(70)に、決断に至った理由や今後の市政に期待することなどを聞いた。

退任理由などについて語る鈴木市長=湯沢市役所市長室


 ―退任を決断した理由は。

 「かれこれ40年近く政治に関わっており、70歳を区切りと考えていた。特に、市長としてのこの4年近くはとても充実していた。公約に掲げた取り組みはほぼ着手できたので、後進に引き継ごうという心境になった」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 580 文字 / 残り 402 文字)

秋田の最新ニュース