ビリャレアルなど決勝Tへ 三好1アシスト、北川はゴール

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ルドゴレツ戦で競り合うアントワープの三好(右)=アントワープ(共同)
ルドゴレツ戦で競り合うアントワープの三好(右)=アントワープ(共同)

 【ベルリン共同】サッカーの欧州リーグは3日、各地で1次リーグ第5戦が行われ、I組で久保建英のビリャレアル、J組で三好康児のアントワープが決勝トーナメント進出を決めた。

 ビリャレアルはシワススポルを1―0で退けて1位が確定。久保建は得点に絡めず、後半13分に退いた。アントワープは3―1でルドゴレツを下して2位以内を確保。三好はフル出場して1アシストした。

 B組でラピッド・ウィーンの北川航也はアーセナル戦の後半途中までプレーし、1得点した。欧州リーグ初得点。チームは1―4で完敗した。F組でAZアルクマールの菅原由勢は1―1で引き分けたナポリ戦にフル出場した。