コロナの世界の死者150万人超 際立つ欧米、ペース加速

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
11月、インドネシア・スマトラ島のメダンで、新型コロナウイルスで亡くなった人のひつぎを運ぶ人たち(AP=共同)
11月、インドネシア・スマトラ島のメダンで、新型コロナウイルスで亡くなった人のひつぎを運ぶ人たち(AP=共同)

 新型コロナウイルスによる世界の死者が日本時間4日までに、米ジョンズ・ホプキンズ大の集計で150万人を超えた。欧州や米国など世界各地での急激な感染再拡大を背景に、被害拡大に歯止めがかからない状況が続く。世界の累計感染者数は6500万人を超えている。

 死者数は9月末に100万人を超えてから2カ月余りで50万人増えた。感染者の急増に加え、死者の増加ペースも上がっており、一層の感染予防対策とワクチン接種が喫緊の課題となっている。

 世界で最も死者数が多いのは米国で27万6千人以上。感染対策を軽視するトランプ政権下で集団感染が多発している。