草なぎ剛さん、作品に真心込めて NHK震災ドラマ、ロケ地で会見

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東日本大震災をテーマにしたNHKドラマ「ペペロンチーノ」に出演する(左から)吉田羊さん、草なぎ剛さん、矢田亜希子さん=4日午後、宮城県大郷町
東日本大震災をテーマにしたNHKドラマ「ペペロンチーノ」に出演する(左から)吉田羊さん、草なぎ剛さん、矢田亜希子さん=4日午後、宮城県大郷町

 東日本大震災で被災した宮城県の牡鹿半島(石巻市、女川町)を舞台にNHK仙台放送局が制作中のドラマ「ペペロンチーノ」に主演する俳優草なぎ剛さん(46)らが4日、ロケ地の一つ、同県大郷町で記者会見した。草なぎさんは「震災を風化させてはいけない。被災者の気持ちに寄り添い、真心を込めた作品をつくりたい」と抱負を述べた。

 半島のイタリアンレストランを中心に、被災者の10年間の葛藤や復興への歩みを描く。3日にクランクイン、12月下旬まで県内で撮影する。

 脚本は一色伸幸さんが手掛ける。2021年3月にBSプレミアムとBS4Kで放映予定。