首相答弁「差し控える」67回 学術会議と「桜」問題

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 5日に閉会する臨時国会では、日本学術会議の会員任命拒否と「桜を見る会」の問題について、菅義偉首相が説明を避ける場面が目立った。衆参両院の予算委員会で「答えを差し控える」「答える立場にない」といった表現を含む答弁は全体の2割以上に当たる67回に上り、質問とかみ合わない回答も多かった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 754 文字 / 残り 612 文字)