「不登校の子に居場所を」 サークル発足、6日にイベント

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昼下がりの千秋公園を長男と歩く丹野さん(左)。この日は駆けっこをしたり、植物を観察したりして過ごした=11月26日
昼下がりの千秋公園を長男と歩く丹野さん(左)。この日は駆けっこをしたり、植物を観察したりして過ごした=11月26日

 学校へ通わず家庭を拠点に学ぶ「ホームスクール」を実践する県内の子どもとその家族のサークル「Akitaホームスクーリングファミリー」が発足した。6日のトークイベントを皮切りに、交流会や勉強会などを開き、活動の幅を広げていく予定。発起人の丹野寛恵さん(44)=秋田市=は「秋田に安心できるつながりと居場所をつくっていきたい」と話す。

 11月26日の昼下がり、千秋公園に丹野さんと小学1年の長男(7)の姿があった。長男が元気よく久保田城表門に駆け寄り、「伝令です」と言いながら門をたたいた。毎週見ている歴史ドラマの一場面をまねたらしい。「ほら、よく見て。昔の門はとても厚いよ。何でかな」。丹野さんが問い掛けると、長男は不思議そうに門を見詰めていた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1072 文字 / 残り 750 文字)

秋田の最新ニュース