金田氏、実収入1億2063万 県関係国会議員政治資金

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 国会議員の資金管理団体と政党支部が2019年に集めた政治資金について、議員1人当たりの実収入の平均額を政党別に見ると、自民党が5659万円でトップとなったことが4日、共同通信による政治資金収支報告書の集計で分かった。野党第1党、立憲民主党(2607万円)の約2・2倍で、議員別では上位20人中19人を自民が占めた。収入1位は立民の小沢一郎衆院議員で4億4227万円。うち3億4千万円は貸付金の債権放棄に伴う経理上の処理だった。

 本県関係国会議員の実収入は金田勝年氏(自民、衆院秋田2区)の1億2063万円がトップだった。冨樫博之氏(同、同1区)が5650万円、石井浩郎氏(同、参院本県選挙区)が4183万円で続いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 453 文字 / 残り 144 文字)

秋田の最新ニュース