えとのこけし、笑顔に願い込め 潟上・さぎまい工房【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
工房にずらりと並ぶ「丑」の創作こけし
工房にずらりと並ぶ「丑」の創作こけし

 秋田県潟上市飯田川の創作こけし作家三浦節子さん(68)の工房で、来年のえと「丑(うし)」にちなんだ創作こけし作りが盛んに行われている。

 えとのこけし作りは今年で23年目を迎えた。夫の茂さん(68)の作った木地に、節子さんが細やかな筆使いで顔や模様を描いていく。

 節子さんの描くこけしは表情が豊かで、一つとして同じ作品がない。ぱっちりと開いたり、細めたりした目が愛らしく、ふっくらとした胴体には、ナンテンやヒョウタンなど縁起物の絵をあしらっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 456 文字 / 残り 232 文字)

秋田の最新ニュース