時代を語る・加藤正人(31)新たな「香取像」描く

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
香取慎吾さんが主演した「凪待ち」のポスター
香取慎吾さんが主演した「凪待ち」のポスター

 人気グループ「SMAP」の元メンバー香取慎吾さんが映画「凪(なぎ)待ち」(昨年6月公開)で主役を演じました。

 この作品の脚本を私が引き受けた際、こだわった点があります。それは「国民的アイドル」と呼ばれたSMAP時代には絶対に演じられない役柄を描くことです。そのために陰々滅々とした話にしたんです。その中にほんの少しの光明や救いがあるというドラマです。

 ギャンブル依存症の男が恋人とその娘と共に宮城県石巻市に移り住み、再出発を図る。だが恋人を殺され、自暴自棄になっていくという粗筋でした。香取さんがこんな役を演じられたら芸の幅が広がりますよね。ファンに「こんな香取君は見たくなかった」と非難されても、一方で「新しい香取君を見られてよかった」と言ってくれる人もいるだろうと思って書きました。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 769 文字 / 残り 425 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース