「友禅工房 風」最後の作品展 23日閉店、秋田市中通

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市の友禅作家・小林昌夫さん(74)と妻の貴子さん(65)が秋田市中通で営む店舗「友禅工房 風」で、小林さん夫妻と木版画家・牧野浩紀さん(45)=東京都=によるコラボ展が開かれている。同店は主に小林さん夫妻の作品を販売してきたが、23日での閉店が決まっており、これが店で開く最後の展示会となる。「物作りの楽しさが自分の根源にある限り、作品を追求し続けたい」と貴子さんは語る。

 展示会には、夫婦がこれまで手掛けたオリジナルの友禅作品と娘婿である牧野さんの木版画合わせて21点を展示している。

 昌夫さんは、裾と袖に野の花をあしらった訪問着や、さまざまな花心の模様をモチーフにした細やかなデザインの帯などを出品。貴子さんは、日本海に打ち寄せる波を風景画のように切り取った友禅のタペストリー、牧野さんは動物を題材にした木版画などを出品している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 821 文字 / 残り 446 文字)

秋田の最新ニュース