秋田の求人倍率、全国値超え続く コロナ感染者の少なさ影響か

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内の有効求人倍率(季節調整値)が新型コロナウイルスの感染拡大以降、全国値を大きく上回っている。直近の10月は1・21倍で、47都道府県の中で7番目に高かった。全国値は1・04倍だった。コロナの影響で県内の倍率も落ちたが、下げ幅が小さく全国順位が上昇した格好だ。

 秋田労働局は「他地域に比べて感染者が少なく、経済への影響が相対的に小さいことに加え、国の助成金を活用するなどして雇用維持に努めている企業が多いことが要因」とみている。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1141 文字 / 残り 923 文字)

秋田の最新ニュース