にかほへの移住、オンラインでPR コーディネーターが月1回開催

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンラインでにかほ市の魅力をPRする新井さん(左)と亀崎さん
オンラインでにかほ市の魅力をPRする新井さん(左)と亀崎さん

 秋田県にかほ市はオンラインで移住のPR活動を行っている。新型コロナウイルスの感染拡大で首都圏では移住促進のイベントを開けないため、市の移住コーディネーターが11月から月1回のペースで、にかほ市の暮らしを説明する機会を設けている。

 移住コーディネーターは、福島県から移り住んだ新井真知子さん(50)=男鹿市出身=と、オランダから帰国した亀崎真望さん(34)=由利本荘市出身。2人は実際に生活して感じたにかほ市の魅力をウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」で伝えている。

 初回は11月上旬に行われ、神奈川県や奈良県などから5人が参加した。新井さんは、にかほ市の自然の素晴らしさとして、鳥海山や日本海に沈む夕日、仁賀保高原の星空を写真を交えて紹介した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 657 文字 / 残り 332 文字)

秋田の最新ニュース