外旭川のこれから(上)期待と懸念 人の流れ、大きく変化も

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
複合商業施設の出店構想がある外旭川地区。奥に見える市卸売市場は再整備が検討されている
複合商業施設の出店構想がある外旭川地区。奥に見える市卸売市場は再整備が検討されている

 秋田市のJR秋田駅から北西に約4・5キロ。市街地の周辺に農地が広がる外旭川地区は、サッカーJ2に昇格を果たしたブラウブリッツ秋田の新スタジアム建設候補地の一つに挙がり、流通大手が複合商業施設の進出構想を掲げる。JR奥羽線の新駅開業も来年3月に控え、まちづくりの行方に注目が集まっている。外旭川地区の開発を巡る動きを追った。

 ◇  ◇

 「経済の活性化と秋田市民に希望・元気を与える施策検討が急務と思われます」

 10月29日、秋田市の町内会組織、外旭川地区振興会の中村茂会長(64)が市役所を訪れ、穂積志市長宛ての要望書を提出した。

 振興会は複合施設の進出に賛成の立場で、市に事業者との協議に応じるよう求めてきた。書面には、地域経済が新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中、新スタジアムの整備などと合わせ「早急に議論することが望まれます」との文言も盛り込んだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1141 文字 / 残り 761 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース