【秋田犬新聞】「モンゴルの人は秋田犬を好きになると思う」、バッチジャルガル駐日大使が大館初訪問

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田犬と触れ合うバッチジャルガル大使=大館市の秋田犬の里
秋田犬と触れ合うバッチジャルガル大使=大館市の秋田犬の里

 モンゴルのダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日大使が7日、秋田県大館市の秋田犬関連施設を訪れた。大使によると、日本との交流を促進する上で秋田犬に関心があり、秋田犬への理解を深めるために視察したという。

 バッチジャルガル大使の来県は初めて。福原淳嗣市長とも面会した。県から2012年にロシアに贈られた秋田犬の「ゆめ」がプーチン大統領に飼われていることにならい、モンゴルでも要人が秋田犬を飼育できないか模索しているという。

秋田の最新ニュース