納豆やいぶりがっこ、県産食材でライスコロッケ 大曲高生ら開発

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
店頭販売する生徒たち
店頭販売する生徒たち

 秋田県大仙市の大曲高校商業科の3年生5人が、美郷町六郷のスーパー「アックスフーズマート六郷店」と共同で県産食材を使ったライスコロッケを開発し、店頭販売した。

 ライスコロッケは一口サイズで、あきたこまちに納豆や枝豆、いぶりがっこなどをまぜた6種類をそろえた1セット400円(税抜き)で販売した。生徒たちは商業科オリジナルのはんてんをまとって店頭に立ち、30分ほどで50セットを完売した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 477 文字 / 残り 284 文字)

秋田の最新ニュース