コロナ感染防止で駐車券やめました 県立図書館、検温も開始

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
駐車券を廃止した駐車場入り口
駐車券を廃止した駐車場入り口

 秋田市山王の県立図書館は7日、新型コロナウイルスの感染防止策として来館者の検温を開始した。併せて駐車場の発券を取りやめ、押しボタンを介した人との接触が生じないようにした。7月からは来館者を把握できるよう図書利用カードなどの提示を求めているが、全国的な感染拡大を受けて新たな対策を取った。

 駐車場の発券機はプログラムを改め、車が近づいたらバーが上がるようにした。満車の場合はバーが上がらず空車を待つ必要がある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 583 文字 / 残り 378 文字)

秋田の最新ニュース